1999年のことです。スタンフォード大学教授、ジョン・クルン…
Continue Reading »