最近DVDやらB-rayやら、家庭映画をみると特典メニューがあって結構面白いです。

私が大好きなスターウォーズも先日みていたら、エピソード6が特撮で人形を使うのが最後の時期だった、と製作スタッフが語っていました。それ以降はCGになっていくわけです。

そこで気になったことがあります。「それまで映画の特撮のために人形を製作していたスタッフの職はどうなるんだろう?」

これ、何も映画の製作だけではないですね。変化の激しい時代に入れば、一度身に付けた職業能力はどんどん社会から必要とされなくなります。

「手に職」なんて、もう役に立つ時代ではありません。安定した人生を送りたい、なんて思っている方、あるいはこれまで一生懸命がんばって技術をみにつけてこられた方にとっては悲しくつらい現実でしょう。

一緒に新しいものを求める人生の旅を楽しみませんか。