昨日に引き続き、カーネマンが、自分と違う考えをもつ研究者の意…
Continue Reading »