アイキャッチの画像をご覧ください。すべてのカードの表面と裏面にはアルファベットと数字が書いてあります。このうち、「母音の裏側には、必ず偶数である」ことを確認するためには最低どのカードをめくる必要があるでしょうか。

というのが、ウェイソン課題。奥が深いです。今日は別の角度から考えましょう。

まずは以下の問題に挑戦してください。

以下のカードの表と裏には「年齢」と「何を飲んでいるか」が記されています。「お酒を飲んでもよいのは20歳以上である」というルールが成立しているかを確認するためには、最低どのカードをめくる必要がありますか。

ウェイソン課題の続編

答えは簡単ですね。

実は、これ、ウィイソン課題のカードと原理は同じです。記号だと難しくて私は数学の話を昨日したくらいです。そしてこちらの「お酒」だと簡単なのはなぜでしょうか。

この原理をつかむと、仕事においても効率化をはかれたり、より応用力も身について「デキル男」「デキル女」になるでしょう。

難しいな、と思う方もいらっしゃると思います。私も勉強中ですから、まだわからないことが多いです。

一緒に勉強しましょう! 明日のブログで説明します。

あ、上の問題の答えは以下の通りです。

「ビールを飲んでいる」と「18歳」です。

オススメセミナー 「記憶力偏差値偏差値45は55になります! オトナが仕事で使う記憶力」はこちらから!