エンディングからキャリアを考えませんか? その2

ハイデガーの実存主義哲学を通じてエンディングとキャリアを考えます。

昨日から難しい話でごめんなさいね。そして、とっても大切な話だと思うので、引き続きハイデガーの実存主義哲学を例に、エンディングからキャリアや自分らしさを考えます。
昨日は、死は他の人と交換できない独自性があり、生きることの最後の可能性で誰も追い越すことはできない、つまり死がその人らしさを表現する、ということを書きました。今日は、死を考えることで自分らしく生きることについて考えます。

———————————————————————————————————————–
その前に・・・一般社団法人 就活カウンセラー協会は、就活について、こんな風に定義しています。
「人生のエンディングを考えることを通じて、『自分』をみつめ、『今』をよりよく、自分らしく生きる活動」
———————————————————————————————————————-

入棺体験
死は人間にとって、怖いもので、避けることができず必然的にやってくるものです。その意味でどんな人でも人間は「死へとかかわる存在」なわけです。とはいっても、真剣に考えようとするのはとても勇気がいることですから、人間は日常生活のなかでは、怖くて必然的に訪れる死を隠そうとしたり、何らかのストーリーをつくるなどしてごまかそうとしているわけです。ハイデガーはこの死の恐怖を隠そうとしたり、ごまかそうとすることが、人間が本来もっている自由に生きる力を邪魔している、と考えるわけです。これをハイデガーは難しいことばで、「頽落(たいらく)」と呼ぶのです。

ここで、「先駆」ということばがでてきます。自分が死ぬ存在であることを深く自覚する、さらに簡単にいえば「死への自覚」ということです。
「自分は死ぬ存在だ」と自覚することは、「頽落」から抜け出して、死をかくしたりごまかしたりするのをやめよう、ということです。かくしたりごまかしたりすることをやめれば、人間は自分自身のことを深く見つめて、眠っている能力を発見し、自由に生きることができる、という考え方です。

当然これは相当な勇気がいることです。とくに社会的に「成功」している人は、名誉や地位や業績なんぞ何にも役に立たない、そんなものは捨ててしまえ、というわけです。名誉や地位を得るには、人を思うように操作・利用もするでしょう。自分の利益のために人を利用することをやめれば、ほんとうの意味で、人と親密な関係をつくることができる・・・

自分らしい人生を歩もうとしたら、「目覚め」「自覚」がスタートです。そして「目覚め」たらいままでの自分と「お別れ」をし、旅をし、大きくなって戻って来るわけです。ハイデガーはそれを「先駆」ということばで呼んでいるような気がします。

難しい話だったと思います。最後までおつきあいいただいた方には御礼申し上げます。ありがとうございました。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です