入棺体験セミナー キャリアをオーダーメイドでとらえていますか?

入棺体験

先月8/27、「入棺体験セミナー」に参加しました。もう半月前の話で早いものです。参加後はここに感想をアップする気はありませんでしたが、この体験をいろいろな方と話をするうちにとても貴重なものであることを感じたので、今日9/12に書かせていただきます。

自分で入って感じたことは、この棺では自分のサイズに合わないこと。棺もいろいろサイズがあるでしょうが、オーダーメイドとはなかなかいかないのが現実ではないでしょうか。オーダーメイドにするのであれば、生前の意思表明が必要です。

入棺体験

そんな話をキャリアカウンセラー仲間と話をしながら考えました。キャリアという視点でとらえた場合、キャリアの本当の意味での最後はエンディングです。キャリアについて考える上でも、これからはエンディングのことと密接に関係するでしょう。

そして・・・
私たちは、自分のキャリアをオーダーメイドでとらえているでしょうか?

「有名な会社に就職したい」「正社員でなければならない」「自分に合う仕事でなければならない」「公務員は安定している」・・・
というようなご相談を数々お受けしてきました。こんな風に考えるとキツくなるだけなんですね。他人に価値観を合わせようとすれば、身動きがとりにくくなるわけです。

入棺体験は人それぞれ動機もありますし、感じ方もあります。私は、「キャリアのオーダーメイド」という視点で考えました。

明日は、私がこの体験セミナーに参加した動機についてお話したいと思います。そして難しいので、どこまでできるかわかりません。できなければご容赦をいただきます。

そうそう、オーダーメイドといえば・・・
このスーツ、完全オーダーメイドで、着心地抜群です!
仕事と心をつなぐカウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です