今日はわが身を振り返ります

フロム『愛するということ』

おはようございます。

先日、ある方から、アドバイスの方法について聞かれました。私は何だかんだ質問しながら答えような気がしますが、何かしっくりきません。そんなことだから、どんなやりとりになったのかも覚えていません。

昨日気づきました。本来の私の答え方は以下の通りです。

わかりません

私はカウンセリングでアドバイスめいたことはいわない方針です(クライエントさんがどう受け取るかは別です)。したがって、アドバイス・助言の類はしないので、私には「わからない」というのがアドバイスの方法について聞かれたときの答えになるわけです。

私は自分をごまかしたことになります。「わからない」という答えに自信を持たなかったのです。このとき、相手の方に対して不誠実な態度をとったことになるわけです。

孤独ガーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

人間は自分で成長する力があります。こんな落ち込んでいるとき、さらに落ち込むような文章をわざわざ自分からみつけるものですね。

「他人との関係において精神を集中させるということは、何よりもまず、相手の話を聞くということである。たいていの人は、相手の話をろくに聞かずに、聞くふりをしては、助言すらあたえる。相手の話を真剣に受けとめず、したがって真剣に答えない」(フロム『愛するということ』鈴木訳、紀伊国屋書店、170ページ)。

私はそのとき、相手の話を真剣に受けとめず、真剣に答えなかったのです。日常生活の場面でも、カウンセリングのときでも、私はどれだけ実践できているのか、と振り返りました。

さらに、フロムは私にとって、手厳しいことを続けます。

「その結果、会話している二人はどちらも疲れてしまう。そういう人にかぎって、集中して耳をかたむけたらもっと疲れるだろうと思いこんでいる。だが、それは大間違いだ。どんな活動でも、それを集中していやれば、人はますます覚醒し、そして後で、自然で快い疲れがやってはくる。精神を集中させないで何かをしていると、すぐに眠くなってしまい、そのおかげで、一日の終わりにベッドに入ってもなかなか眠れない」(170ページ)。

私の最大の問題の1つは睡眠障害です。それだけ私もまだ生きることへの真剣さが足りない証拠かな、なんて思うと結構ショックです。これも成長の機会と思って今日からまた新しい自分を探します。

—————————————————————————————————————————————————————–

最後に、フロムの文章を紹介して終わります。これで、フロムに関しては一旦紹介を終わりにします。

「集中するとは、いまここで、全身で現在を生きることである。いま何かをやっているあいだは、次にやることは考えない。いうまでもなく、いちばん集中力を身につけなければならないのは、愛しあっている者たちだ。ふつう、二人はさまざまな方法でたがいから逃げようとするが、そうではなく、しっかりとそばにいるtことを学ばなければならない」(170~171ページ)。

★オススメセミナー 2014年1月1日から人生を変える<3つの法則>

 

 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です