カウンセリングのイメージに対してうかがいます。

面接のイメージ

おはようございます。

早くもカウンセリングをするようになって9年、開業して1年半以上経過しました。

ここ数日、カウンセリングの可能性を広げることができないか、考えています。

そこで、皆様にお願いがあります。

「カウンセリングってどんなイメージですか」。

「カウンセリングときくと、どんなことを思いつきますか」。

「カウンセリングって、どんな感じがしますか」。

漠然としていても、具体的なことでも、ネガティブなことでも何でもかまいません。どうぞ、こちらにコメントをいただけると大変ありがたいです。

お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

★オススメセミナー「1日12時間のデスクワークで体も心も凝っているあなたへ 自分でできる体と心のほぐし方」

 

8 comments

  • 竹生

    一つはうつ病やその手前の人への治療をイメージします。
    それから愚痴の聞き屋。
    ポジティブで自分のスタンスを持っていると思っている人は、お世話になる事は少ないと思います。
    そのように思っている人を更に良くするカウンセリングって無いですよね。

  • 竹生さん、ありがとうございます。
    ポジティブで自分のスタンスを持っていると思っている人は縁がなさそうなイメージですね。
    実は、私としては、こういう前向きな方にいらしていただきたいのが本音ですので、ここはかなり練りどころです。
    ありがとうございました。
    これからもよろしくお願いいたします。

  • 稲岡

    心の相談室です。体がまいっている時は、心からのアプローチが出来ますし、その反対もあると思います。

    • 稲岡さん、ありがとうございます。本当は体も心も一緒のはずなのですが、そこの統合をどううまくやるかが課題ですね。これからもよろしくお願いいたします。

  • あべ

    まだまだ日本ではハードルが高いイメージですよね。
    カウンセリング単体よりも、なにかとセットにした方が足を運びやすいのかなって思ったりします。
    「お食事会+カウンセリング」とか「習い事+カウンセリング」とか、あるいは「イベント+カウンセリング」とか、まぁ思いつくままですけど^^;
    カウンセラーの数も増えてきていますので、「どんな人へ、なにをしてくれるのか」ってハッキリ打ち出さないと、どれもこれも一緒に見えて、わかりづらくなるなって思ったりもします。

    • あべさん、こんばんは。コメントありがとうございます。おっしゃる通り、敷居が高いのと、それぞれの特色を出すことの必要性を痛感しています。何かとセット、「お食事会+カウンセリング」なんかは私にはないアイデアです。カウンセラーがお食事会のファシリテーションをすると、面白いことができるかもしれませんね。ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

  • 荒川

    精神病の人が闘病しながら自分の内面を整理していく場ってイメージですね。
    実際私もカウンセリングのお世話になって社会復帰できました(^^)
    カウンセラーさんがよかったのかな♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です