おはようございます。

私は30代後半からカウンセリングをするようになって、自分がクライエントさんの父親役をしているのかな、と思うことがときどきあります。そんなとき、自分はこのクライエントさんのメンターの役割を果たしているのかな、と思うのです。

人生、困難を乗り切るとき、必ずメンターになってくれる人が必要です。メンターを必要としている人がいるとすれば、私だけでなく、あなたもメンターとして活躍することになるでしょう。そんなときに、心得ていてくださると、あなたもうれしくなるかな、と思うことを今日は書きます。

mentor2

メンターにとって必要なことは、ただ単に信じて寄り添うこと必要とするときに必要とする知恵だけを提供すること、この2点ではないかと思います。

どうするのか・・・答えがもっているのはあくまで本人ですそして決めるのもご本人です。そして、知恵を求めてきたら大事な大事なあなたの経験から得た知恵を、求めてきた分だけさしあげて欲しいのです。

アドバイス・助言の類はすべて邪魔です。これまであなたが人生を歩んできて、アドバイスが有効に働いたな、と思ったら、それはたまたまあなたが望んでいたことばだったのでしょう。そして、あなたのアドバイスが効いたな、と思うのはたぶん例外的なことだと思いますし、表面的には効いているようにみえても、実は依存関係を生んでいるかもしれません。

結果がすべてではありません。結果を出すのに歩んだ苦しいプロセスがとても大事なのです。その苦心のプロセスのなかから、人は大事なことを学ぶのです。その大事なプロセスをぜひ温かく見守るのがメンターの一番の役割だと思っています。

それでもアドバイスや助言をする、というが大事だ、とあなたがおっしゃるのなら・・・

「私は人の役に立っていないと、自分の生きる価値がない」・・・なんていう思い込みがその下があるのだとしたら、あなたもつらい人生を歩んできたことでしょう。そのつらいなかでいまあなたが生きていること自体、素晴らしいことではないでしょうか。

松田充弘『ビジネスで一番大事なしつもん』

さらに一歩進めて・・・あなたが、いまどなたかのメンターで、より効果的に接したい、というお気持ちがあれば、松田充弘『ビジネスで一番大切なしつもん』(日経BP社、2013年)なども参考になると思います。

あるいは、メンターの見本と私が思うのは、映画でいうと・・・

オズの魔法使い

「オズの魔法使い」にでてくる「北の魔女」、「ピノキオ」にでてくるコオロギのジミニー・クリケット、「スターウォーズ」に出てくるオビ・ワン・ケノービなどでしょうか。彼らは必要な場面のみの登場ですが、それ以外は出てきません。出てこなくても遠くで見守っています。

「マトリックス」のモーフィアスはもう少し登場する回数が多いかもしれません。そしてネオの能力を何があろうと信じている様子がご理解いただけると思います。

自分が関わる人が成長する姿をみると、私はとても感動します。私もあなたとともに、信頼していただけるメンターとして、今後とも歩んでまいります。

★オススメセミナー 2014年1月1日から人生を変える<3つの法則>