カウンセリングを勉強すると・・・カウンセリングを勉強しても・・・

おはようございます。

早いもので、私がカウンセリングと称するものを勉強して10年になります。当時私はまだ学校の教員で、スタートはキャリアカウンセリングでした。キャリアカウンセリング、だと心のこと、というより、キャリアのことについて勉強すると同時に、カウンセリングの勉強をします。最初のころは、慣れないことの連続で、私は資格試験には筆記は一度で通っているものの、実技は1回落ち、2回目で合格しました。

私はカウンセリングの勉強をしてつくづくよかった、と思ったのは、カウンセラーの仕事ができるようになったことではありません。人との関わり方ががらっと変わってくるのに驚いたことがあります。教員でしたので、生徒の話の聴き方が変わることで、非常に驚きの感謝のことばをもらったことはいまでも貴重な思い出です。
カウンセリングの勉強をする、ということは、仕事につなげる、というより、人間関係の基本を学ぶことと等しい気がしています。

人と関わることが好きでカウンセリングの勉強をするあなたも、きっと勉強することで会社での人間関係もずいぶん変わってきているのではないでしょうか。

カウンセリング

そして・・・今度はカウンセラーとしてクライエントさんと接するようになるとぶち当たる問題が出てきます。話を聴いていても解決しないのです。

人に対して思いやりがあって勉強熱心なあなたも同じようなことを思うのではないでしょうか。これはつらいです。何か自分のやり方に問題があるのではないかと自分を責めたり、クライエントさんに問題があるとクライエントさんのせいにしたり、あるいは組織のせいにしたり・・・。私はしたつもりはありませんが、ついつい指示するようなことをいったり・・・。

決して、あなたが悪いわけではありません。あなたはもう十分に精一杯取り組んでいます。

人が抱えている問題がそんなに簡単に解決できるのなら、そもそもカウンセリングなんかには来ません。頭で理解していることと、心や体の底で思い込んでいることは違うのです。この体の芯に眠っている考え方の歪みを変えないことには、なかなか問題を解決しようと思っても難しいのです。仮に表面的な問題だけ解決できたとしても、別な問題を作り出す可能性が出てきます。

それでは、解決する方法はないのか・・・といえば・・・あるんです!

いつも相談にのって苦しい思いをしているあなたは知りたいですか?

明日のブログでほんの一部をご紹介します。

★カウンセラーになりたいあなたへの超オススメセミナー 心もふところも潤うカウンセラーになるあなたへ(2/21)

 

 

 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です