雑談! 困ったときの「木戸に立てかけし衣食住」1

コミュニケーションのイメージ

おはようございます。

雑談、あなたは苦手なのではないでしょうか。正直申し上げて、私も苦手です。完全主義の傾向が強かったり、問題解決型の会話を好むあなたは基本苦手だと思います。

考えてみれば、私の場合、カウンセリングで「コミュニケーション力をあげたい」という相談はお受けしても、「雑談力をあげたい」という相談はお受けしたことはありません。

逆に・・・私が「雑談力がある人はいいな〜」と思っている時期もありました。いまでは、「自分が話たいときに話せばいいか」くらいには思っています。

もし、あなたが「雑談力をつけたいな」と思っていらっしゃるようであれば、ネタの振り方くらいはお伝えできます。私も、自分が雑談が苦手なクセに、研修やセミナーではできる顔をしていっていることです。

木戸に立てかけし衣食住」(きどにたてかけし衣食住)

衣食住はすぐご理解いただけると思います。

「今日のそのネクタイ、カッコいいね!」と服装について話題にするのが衣、「昨日、ご飯何食べた?」と食べ物について話題にするのが食、「どこに住んでいるのですか?」と住まいについて話題にするのが住、です。

問題は、残りの「木戸に立てかけし」です。

「き」は「季節」のことです。「そろそろ春ですね」「そろそろ桜が美しい季節ですね」といったところです。

それでは、残りは何でしょうか。

明日お伝えすることにしますので、もしよろしければ、今日考えていただきたいと思います。

 

 

 

 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です