頭が悪い、と思い込んでいませんか?

おはようございます。

今日から3回シリーズで記憶力についてお伝えします。このブログでも何度かお伝えしていますので、当然ご存じとは思いますが、また角度を変えて整理してお伝えすると、より深くご理解いただけると思い、お伝えいたします。

仕事や勉強熱心で向上心が高いのあなたは、「もっと記憶力がよければ・・・」、「自分は何て頭が悪いんだろう・・・」と無い物ねだりをしたり、自分を責めているとしたら苦しくないでしょうか。そこで、人間の記憶力の特色、そして子どもと大人の記憶力の違いについてご理解いただけると、楽になると思います。

まず、ご理解いただきたいのは、人間は動物のなかで一番記憶力が悪い、ということです。単純な頭の動物ほど暗記力は抜群です。その代わり応用力がないのがご理解いただけると思います。人間の場合は、応用力が優れているので、丸暗記のような記憶はもともと苦手なのです。それともう一つ、人間は成長するにつれて記憶の仕方が変わってきます。子どもと同じように記憶しようとしても難しいのです。大人に合った記憶の仕方を身につけると、楽しくなるでしょう

以下、重要な点を3つに絞ってご紹介します(短期記憶、意味記憶、エピソード記憶)。

記憶力セミナーのイメージ図

1.短期記憶

記憶のなかでも、30秒から数分の短い時間のなかで覚えている記憶のことを「短期記憶」といいます。人間はもともとたくさんのことを一度に覚えられるようにはできていません。覚えていられないから頭が悪い、といことではなく、人間の記憶の仕方の特色なのです。以下述べるように、長く覚えるためには別の工夫が必要なのです。

それでは、どのくらい覚えていられるか、ということを説明した人がいます。ジョージ・ミラーという人です。ミラーは「マジカルナンバー7±2」という表現をしました。マジカルナンバーとは「魔法の数字」という意味で、人間の記憶は7プラスマイナス2、5〜9程度のことしか一度には覚えられない、という意味です。ドラマや映画の登場人物を考えると10人以上になったらややこしくなるのと同じです。

2.意味記憶

意味記憶とは、知識を覚える記憶のことで、丸暗記に近い記憶のことです。10歳くらいまでの子どもが得意な記憶の仕方で、10歳を過ぎると衰えていきます。算数の九九、ほとんど丸暗記です。10歳を過ぎると意味記憶が衰えるので子どものうちに覚えさせる必要があるわけです。大人になったあなたが、子どもと同じ方法で記憶をしようとしても難しいのはご理解いただけると思います。

3.エピソード記憶

エピソード記憶は自分の体験や出来事に結びついた記憶で、10歳を過ぎるころから得意になります。結論を申し上げますと、大人のあなたが記憶力を高めるには、体験して感情を使うこと、人と関わり話すこと、他の知識と結びつけること、が大切になります。

昨日の晩ご飯のメニューは忘れても、初めてのデートのときの食事のメニューは覚えていたりしませんか。社長の朝の朝礼の話はすぐに忘れても、自分が資料をつくってプレゼンをして仕事をとったときの内容は覚えていたりしませんか。感情と記憶が結びついている一つの証拠です。そして、人間はもともと音に敏感な動物ですし、話すことで知識を整理することができるため、人に話すと記憶に残るわけです。

そして規則性や法則性をみつけるのも一つの方法です。81726354、どう覚えますか(覚え方はこのページの一番下に紹介します)。

あるいは自分の体験や知識と結びつけると覚えやすいです。さきほどご紹介したミラーの「マジカルナンバー7±2」は1956年9月11日に提唱されました。私はどうして覚えているのでしょうか。9月11日は2001年同時多発テロで悲劇が起こった日、1956年は1957年のスプートニク打ち上げ前年の年で覚えています。スプートニクはソ連の人工衛星でアメリカに先駆けでした。アメリカはスプートニクの打ち上げにショックで、1960年代から教育改革に乗り出してソ連を出し抜こうとします。実は、ミラーが「マジカルナンバー7±2」を提唱した日、同時にニューウェルらが人工知能について発表したり、チョムスキーが生成文法を発表するなど、「認知革命の日」と呼ばれています。

自信のイメージ

子どものころの優等生が社会で活躍するとは限らないことは、記憶の特徴からも説明できます。

そして、頭の善し悪し、記憶力の善し悪しをみていくと・・・人と関わることと関係しないでしょうか。人と関わって自分が話をすることで知識を整理することができ、気持ちの変化を伴いながらさまざまな価値観に接することができれば当然記憶力も上がります

もしあなたが、小学生のころに教わった記憶の方法でこれまで受験勉強をくぐり抜け、社会人になっても同じような方法で覚えようとしたら、相当つらいものではなかったでしょうか。もうあなたは大人です。大人としての記憶力の使い方を知れば、とても楽しい人生を送ることができるでしょう。

明日は、記憶と感情に焦点を当ててお話をします。

追記:81726354の覚え方→8765と1234の組み合わせ

 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です