おはようございます。

シータヒーリングの創始者、ヴァイアナ・スタイバルさんの著書、ことばは簡単でもいっていることが深く、じっくり味わいながら読むことにしました。以下のことばをみつけました。

————————————————————————————————————————————

幼い頃の私は、周囲の人にがっかりさせられてばかりいました。彼らが愛し方、愛の受け取り方をまるで知らないので、私のことを愛することができないということがわかっていました。まずこちらから彼らを愛する必要がある、そうすれば彼らも私を愛することを学ぶだろうと私は悟るようになりました。人にやさしくなれない、親切になれない人が多いのは、愛し方あるいは愛という感覚を知らないからです。

 子供心に、人を愛するということは人の悪い面は見ずによい面だけを見ることだと私は思っていました。その考え方が変わったのは、・・・無条件の愛の真実がわかった時です。・・・

人は皆、自分は愛の感覚を理解していると思っていますが、理解していない人は多いものです。

「愛されるために私は常に必要とされている必要がある」という思考パターンを・・・確かめて下さい。・・・「私は愛にバランスが取れている」そして「愛されることは安全だ」

・・・なども再確認してください。

(ヴァイアナ・スタイバイル、山形訳『シータヒーリング』ナチュラルスピリット、2009年、284ページ、強調部引用者)

vianna

あなたもヴァイアナのような生き方をしてきたら、つらくなかったでしょうか。

まず・・・

「人を愛するということは人の悪い面は見ずによい面だけを見ることだ」

人の悪い面をみずに、よい面だけを見る、ということは・・・

自分の悪い面をみない、ということです。

人は自分の心の鏡です。人に「悪い面」をみる、としたら、自分が切り捨てた「悪い面」です。その自分が切り捨てた「悪い面」を人に貼付けておいてそれもみないとしたら・・・相当自分のなかに抑えこむでしょう。

何かしら、大きな病気をつくったり、あるとき爆発して急に攻撃的になっても不思議ではありません。

善悪・白黒をつければ、他人に対しても自分に対しても攻撃的になります。ありのままを受け入れることが何より大切なのです。

そしてもう一つ・・・

「愛されるために私は常に必要とされている必要がある」という思考パターン

人の役に立たないと自分は生きる価値がない・・・

これも苦しいです。

あなたには、心臓を動かし、生きているだけで価値があるのです。人の役に立たなくても価値があるのです。

最後に再びヴァイアナのことばを引用します。

「私は愛にバランスが取れている」そして「愛されることは安全だ」

 

もしさらにヒントが欲しいようなら、今すぐメルマガをクリック。

http://www.reservestock.jp/subscribe/14875

サポートが必要なら、今すぐ以下無料事前面談をクリック。

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3768