おはようございます。

先日NLP(神経言語プログラミング)の本をご紹介いたしました。

引き寄せの法則でも、NLPでも肯定表現が大切であることをお伝えしました。

そうすると、肯定表現をいつも使えるようにするために、一つの方法として、「リフレーミング」を今日はご紹介いたします。

リフレーミング?

リReは「再び」、フレーミングframingのフレームframeは「枠組み」ですので、「枠組みを変える」といった意味合いです。

たとえば、「なかなか行動できない」ということをリフレーミングすれば「慎重」、自分の意見をなかなかいわないだと「周囲の状況を理解した上で行動する」、仕事が遅いだと「確認をした上で着実に仕事を進める」などとことばの枠組みをポジティブに変えることができます。

木村佳世子『NLPコミュニケーション術』(秀和システム、2007年)では、以下例が掲載されています。

消極的→思慮深い

せっかち→行動的

元気がない→控えめである

のろまだ→慎重である

意志が弱い→協調性がある

こだわる→信念をもっている

飽きっぽい→流行を敏感に感知する

暗い→落ち着いている

怒りっぽい→情熱的だ

(81ページ)

「こんなことで気持ちが前向きになるのか!」とあなたは思うかもしれません。私も昔さんざん練習しましたが、気持ちがついてくるまでは時間がかかるかもしれません。

そして、望む人生を引き寄せるために、一日一つできることがあるとすれば、こんなリフレーミングを練習することも一つの方法といえるでしょう。

 

もしさらにヒントが欲しいようなら、今すぐメルマガをクリック。

http://www.reservestock.jp/subscribe/14875

サポートが必要なら、今すぐ以下クリックして無料事前面談の項目をクリック。

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3768

★イベント

シータヒーリング体験会 (10/18)

http://www.reservestock.jp/events/49124

キレイの秘密は心にあり!たった120分であなたの美は心の底から表現できるようになります!(11/1)

http://www.reservestock.jp/events/49467