おはようございます。

昨日は1897年ニューヨーク・サン誌のフランシス・チャーチが8歳の少女ヴァージニアに向けて書いた記事、

「もちろん、ヴァージニア、サンタクロースは本当にいるよ」Yes, Virginia, there is a Santa Claus

をご紹介しました。

詳しくはコチラをクリック!

 

‎あなたは何を感じ、何を思いましたか?

今日は大事な大事なことをお届けします。

「ヴァージニア。もちろん、サンタクロースはいます。愛と、思いやりと、優しさが、本当にこの世に存在し、人生にとびきりの美と喜びを添えてくれているように、サンタもまた、確かに存在するのです。

「ヴァージニア、君はきっと、パパに頼んで、イヴの夜に一晩中煙突を見張り続けるサンタ監視員を雇ってもらって、本当のことを知りたいと思うかもしれない。でも、もしそこで、仮にサンタを見つけられなかったとして、一体何になるだろう? 誰もサンタを見たことがない、でもそれは、サンタがいないってことの証明にはならないんだよ。」

santa2

サンタクロースが本当に存在するか、客観的な正解を求めても、他人の意見を聴いても、答えは存在しなしないのです。

答えはあなたのなかだけに存在します。

あなたが存在すると思えば存在するし、存在しないと思えば存在しません。

ちなみに私の心のなかにはサンタクロースは存在しません。

だからといって、ヴァージニアのサンタクロースを信じる気持ちを否定する権利は私にはありません。

私たちは心の世界に生きています。

客観性や正解は存在しません。

たとえ人と意見が違っても、他人から否定されようとも、自分の考えにYESといって信じること・・・これが自分を受け入れる、ということです。

そして、人の違う意見を、相手にとっての真実であると認めること・・・これが人を受け入れることです。

違っていていいんです。違いは間違いではありません。

———————————————————————

人に喜んでもらうために一生懸命がんばってきたあなたにとっては、少し受け入れがたいかもしれません。

苦しかったですね。

最後に、この論説の一部分を引用します。

「赤ちゃんのガラガラをずたずたに引き裂いて、その中の音の正体を確かめることはできる。でも、この世界を包む薄いベールを引き裂いて、目に見えない『本当』を知ることは、大の大人にも、大の大人が100万人集まっても、絶対に無理なことなんだ。ただ、信じることや、夢みること、愛や、詩や、お話だけが、その薄いカーテンを引いて、言葉を失うような美しい世界の真実を、僕たちに見せてくれる。それは本当かって? いいかい、ヴァージニア。もちろん本当さ。そして、世界中どこを探したって、他のところに『本当』なんてないんだよ。」

あなたの真実は、あなたの心のなかだけに存在します。