おはようございます。

観てみまいりました、いま話題の映画「スターウォーズ エピソードⅦ フォースの覚醒」。

もともと「スターウォーズ」はアメリカの神話学者ジョセフ・キャンベルの助言に基づいてつくられており、心や生き方を考える上で、格好の見本になります。

今度は主人公はレイという女性になります。砂漠で宇宙船の残骸から部品を取り出して売る貧乏生活をしていました。ふとしたことから宇宙に飛び出して、試練の旅に出る、という話です。

ここで重要なのは・・・

私もあなたも、人生の節目において必ず試練の旅に出る、ということです。

この試練の旅のなかで、両親や社会から植え付けられた既成の価値観から脱出して、本来の自分を取り戻すのです。

レイも、この宇宙の旅を通して、本当の自分に目覚めるのです。

そこでキーワードになるのが、「フォース」と呼ばれる不思議な力です。

「常識」ではあり得ない力に目覚める、つまり本来の自分の才能・能力に目覚めるのです。

この映画と私で意見が異なるのは、映画ではフォースは特別な人しか使えないことになっていますが、私の意見では、人間誰でも使える、ということです。

以下のイベントで私が実際におみせしますので、ご興味があれば、お待ちしています。

1/27「これがオトナの読書力・記憶力・文章力! 人生を10倍楽しむ知識術 @夜活編

http://www.reservestock.jp/events/97857

2/11「はっと目を惹く、体験する これがフォースだ!! @朝活編 潜在意識の目覚めがあなたらしさをつくる、彩る

http://www.reservestock.jp/events/100602

spoon

なかなかスプーン曲げや食べ物や飲み物の味がフォースで変わるのは信じがたいかもしれません。

それは、「常識」が邪魔しているのです。

その「常識」を突破して本来の自分の素晴らしい能力に気づくことが、本来の自分の人生を生きる、ということですね。