おはようございます。

2/6より、連続講座croireのマスター講座が始まります!

今度は、どなたでも受けられる、という内容ではなく、初級・上級を修了され、私のような生き方や心のことの専門家を育てるための講座です。

内容もグンと難しくなり、心理学の専門的なことをお伝えしています。

自分でいうのもヘンですが・・・よくもここまで難しいことを教えられるようになったものだ、と思います。

それはさておき・・・

いま私は新しい知識を身につけるのに、ほとんど努力も苦労もしていません。

理由は簡単です。

仕入れた知識をブログやメルマガで文章にして発信したり、セミナーや講座で受講生の方々にお話しをしているからです。

人に伝えようとすると、一層知識を整理するのと、実際に外に出すことで、より理解度が深まるのです。

つまり・・・知識を身につけようと思ったら・・・

インプットよりアウトプッとが大事である、

ということです。

エドガー・デイルというアメリカの教育学者が以下のようなことをいっています。

知識の定着は・・・

読んで10%

聞いて20%

見て30%

見て聞いて50%

言うか書いて70%

教えて90%

一目瞭然ですね。

本で読んでも10%が、言うか書いてとアウトプットとなると70%、さらに教えるとなると90%!

couple2

それだけコミュニケーション、人と関わることが知識の定着では大事だということです。

あなたも新しい知識を身につけようとしたとき、本を読んだり、机にしがみついて勉強する段階にとどまっていないでしょうか。

おそらく、ほとんど知識が頭に入らず、「自分は頭が悪い、ダメだ」と思い込んで自分を責めていないでしょうか。

もちろん、あなたは頭が悪いわけでも、ダメでもありません。仕入れた知識をアウトプットしていないだけです。

これからは、インプットした知識を自分のものだけに終わらせず、周りの方々にアウトプッとして共有することで、楽しく新しい知識をみにつけ、人生を切り開くことができます。