おはようございます。

連続講座croireの初級講座、受講生の方々のおかげで、大変楽しくお話しをさせていただきます。

初級講座の目的は、「自分らしい人生を創造する」ことです。

したがって、「自分らしい人生とは何か?」をことばで明確に定義します。

そして・・・ここでは、その前段の説明がないのでお話しはできませんが、ある程度のところまでお話しをすることができます。

簡単にいうと・・・

私たちはあまりにも他人の人生を生きすぎています。他人の価値観を追い出して自分が本来求めているものに気づくこと、

です。

ディズニー映画に登場する「シンデレラ」と「ムーラン」がよく物語っています。

シンデレラも、ムーランも、自分が望む男性と結ばれるのです。

cinderella

シンデレラは自分を信頼しています。「夢はひそかに」でつぎのように歌います。

「自分の夢を信じ続ければ、いつの日か虹がほほえみかけてくれる

どんなにつらくても、強く信じていれば 夢はきっとかなう」

それに対してシンデレラの義理のお姉さんたちはどうでしょう。

無理して他人のサイズの靴を履こうとしても、履けないのです。

他人のサイズに合わせても、王子様は振り向いてくれないのです。

自分のサイズの靴をはく、つまり自分のサイズの人生を生きるシンデレラが王子様のハートを射止めるのです。

 

mulan

ムーランはどうでしょう。

ムーランは婚活中の女性、ただし自分のためではなくて「家のため」「親のため」にお見合いをしています。結果は当然ついてきません。

そんなムーラン。白粉を塗った自分の姿を水面にみて歌います(「Reflection」)。

「私を見て、完璧な花嫁にも娘にはなれない、水に映る私の姿はどうして知らない人なの?

水に映る私は、いつ私を映し出してくれるの?」

「水に映る私の姿はどうして知らない人なの?」と、本来の自分を生きていないことをよくムーランも知っています。

そんな、ムーラン、父のかわりに兵役につき、戦場で大活躍をします。

そんな本来の自分を生き始めたムーランをみて、上官であった将軍リーが熱烈に愛を語ります。

「自分の人生を生きるとは・・・」人の価値観に合わせたり、知らずに取り込んだ他人の価値観を追い出すことともいえます。

と、口でいうのは簡単ですが・・・

あなたも、あなたのなかに取り込んでいる他人にはなかなか気づかないですね。

ぜひ、無料面談からお待ちしています。