おはようございます。

人気アニメ映画「ルパン三世 カリオストロの城」(1979年、宮崎駿監督)をみました。

ラストシーン、「奴(ルパン)はとんでもないものを盗んでいきました あなたの心です」の銭形警部のセリフは有名ですね。

光と影を結び時告ぐる 高き山羊(やぎ)の 陽(ひ)に向かいし 眼(まなこ)に我を納めよ」

高い塔に彫られた2匹のヤギの目に、2つの指輪をはめ込むと、水没していたローマの街がよみがえります。この美しいローマの街並みが「カリオストロの宝」です。

cariostro

「光と影を結び」・・・実は・・・あなたもまったく一緒です。あなたのなかに眠る本当の「宝」に気づくには、「光と影を結ぶ」ことが大切なのです。

先月のセミナーでは「花咲爺さん」の話を題材にお伝えしました。正直爺さんを「光」、隣の意地悪爺さんを「影」とすればわかりやすいでしょう。「影」の意地悪爺さんが愛犬白を殺してくれたからこそ、正直者の爺さんは花咲爺さんとして、本当の人生を切り開いたのです。

あなたの心のなかにいる影は何ですか?

もっといってしまえば・・・認めたくない自分、自分の理想と正反対の自分、嫌いな自分。こうした自分は当然他人に投影するので、あなたが嫌いな人、絶対に認めたくない人を考えれば何かに気づくでしょう。

私も5年かけて、この自分のなかのこの「影」の正体をつきとめようとしました。つきとめたとき・・・本当に自分が社会で活躍してもよいこと、そして本当に自分が豊かな人生を送ってよいことに気づいたのです。

あなたが、本当にあなたらしい人生を歩むには・・・この影の正体をつきとめ、受け入れることが大切です。

つらい作業にはなります。

サポートが必要なら・・・いますぐ無料面談をクリックです!