おはようございます。

電車のなかで、興味深い広告をみつけました。

「競馬、行ったことない」って?

それって、

「誘ってください」って

意味だよね?

(11/27のジャパンカップの広告より)

コミュニケーションにおいては、二重の意味がある場合があります。

たとえば、「寒くない?」といったら、単に暑いか寒いかをきいているより、「暖房つけて」という裏のメッセージが含まれている場合があります。

上の例でいえば、

「私、競馬に行ったことがありません」といった場合、単に事実を示しているかもしれませんが、裏では「一緒に連れて行って!」の場合もあれ、「私は競馬が嫌いです」のメッセージを含むかもしれません。

ここで大切なことは・・・

相手が表と裏があるメッセージを発してきたときは、裏のメッセージに合わせること。

「寒くない?」ときたら、「単に寒くない」と答えるより「暖房入れようか?」と答えた方が効果的です。

そして・・・自分が人にメッセージを発するときは?

裏のメッセージ=本音に気づいて、表のメッセージとして伝えることです。

「寒くない?」と裏のメッセージを含む言い方ではなく、「寒いので暖房いれてくれませんか?」と自分の気持ちを表現した方が相手もわかりやすいですね。

また「競馬、行ったことない」と相手の反応ん期待するより、「競馬、一緒に行って?」と自分の率直な気持ちを伝えた方が相手もわかりやすいです。

そして何よりも大切なことは・・・自分の気持ちを率直に表現するためには、自分の気持ちに気づくことです。自分の気持ちに気づくことで、自信につながっていきます。