マイナス思考を切り離せ!「でも」は「そして」に!

昨日は前向きな気持ちをつくれない理由

として、心のなかに「重石」があることを

お伝えしました。

 

セールス・チアセラピーは強引に前向きな

気持ちをつくるのではなく、心の「重石」を

軽くする方法です。

 

1日1分売り込みの不安から解放され

セールスへのストレスをゼロにする

セールス・チアセラピー

 

セールス・チアセラピスト 宮腰育幸です。

 

今日お伝えする方法は、心の「重石」を軽く

する、というより前向きな気持ちから

心の「重石」を切り離す方法です。

 

実際に私が会社員時代使って効果があった

例でご紹介します。

 

「片付けたい、でも時間がない」

 

「でもは殺し屋」(F.パールズ)

「でも」は前向き気持ちを押し下げるので、

「でも」が出てきたら「そして」に変えます。

 

「片付けたい、そして時間がない」

 

「片付けたい」という前向きちと

「時間がない」という後ろ向きな気持ちを

切り離すことに成功しました。

 

 

「時間がない」のは言い訳であることに

気づいて、机の上を整理したら、

わずか10分。

 

それをみていた同僚が、

「宮腰さんが片付けたのなら、

私も片付けよう」となり、

事務所全体がきれいになったことがあります。

 

あなたのなかで、もし

 

「セールスには前向きに取り組みたいです。

でも、断られるのが怖くて尻込みして

しまいます」。

 

という気持ちがあれば、「そして」を使うと、

 

「セールスには前向きに取り組みたいです。

そして、断られるのが怖くて尻込みして

しまいます」。

 

セールスには前向きに取り組みたい気持ち

があるのがわかりますね。

 

そして、「断られるのが怖くて尻込み

してしまう」のが心の「重石」になります。

 

実は・・・この方法、私は自分にはよく使うものの、

個人セッションではあまり使わないです。

 

試しに口に出してみるとわかりますが、

結構居心地が悪いものです。

 

マイナス思考に長く浸っていると、マイナス思考

のままの方が心地よくなってしまうのです。

 

その居心地の悪さを感じながらも、

前に進みたいというあなた・・・

 

ぜひ1/29体験会でお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です