「今度こそ!」と思っても繰り返す本当の理由② 「うまくやってはならない」

おはようございます。

 

商談の前、

「何かうまくいかない気がする」

から始まって、

 

お腹が痛くなる、

電車を乗り間違える・・・

など失敗するようなことが続いたと

したら・・・

 

「うまくやってはならない」

という思い込みを無意識にしている

かもしれません。

 

1日1分売り込みの不安から解放され

セールスへのストレスをゼロにする

セールス・チアセラピー

 

セールス・チアセラピストの宮腰育幸です。

 

仮に、子どものころ、お母さんやお父さんと

トランプで遊んでいて、あなたが勝った

とします。

 

そんなとき、お母さんやお父さんは

「◯◯ちゃん、よく勝ったね」と、

ことばでは喜んだとしても、

 

表情が悲しげだったり嫌そうだったりすると、

 

「私は勝たない方が愛される」

「私はうまくいかない方が愛される」

と無意識に思い込むかもしれません。

 

こんな話を聞くと、あなたは

「そんなバカな!

こんなに私は一生懸命やっているのに!」

とおっしゃるかもしれません。

 

あなたがそうおっしゃるのも当然です。

 

もちろん、あなたが商談でうまくいかない

ことの原因の100%が、「うまくやっては

ならない」という思い込みかどうかは

わかりません。

 

一つの可能性として考えてみることも

あるかな、と思います。

 

こんな思い込みは「心のブレーキ」。

こんなブレーキをかけた状態で、

前へ進もうとしても消耗するだけです。

 

いまあなたの前に、幼稚園か小学校低学年

くらいの小さいあなたがいると

想像してください。

 

その子にこんな風に問いかけてください。

「あなたは心から勝ちたい、うまくやりたい、

と思っているの?」

 

もし答えがNOなら、こんな風にいって

あげてください。

 

「誰が何といとうと、あなたは勝っても

いいし、うまくやってもいいし、欲しいものを

手に入れていいよ。

私だけが認めてあげるからね」。

 

そして、その子の表情をみてそっと抱きしめて

さしあげてください。

 

こうして子どものころの思い込みを緩めて

いくと、自信にもつながります。

 

ぜひセールスへの自信を深めるなら、

2/4のセールス・チアセラピー体験会

お待ちしています。

 

ご質問等はお気軽に。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です