おはようございます。

思い通りにならないことが続いて

成功している人がうらやましい、

という気持ちをもったとき、

 

自分の将来像のメッセンジャーとしての

意味をもっていることを昨日は

お伝えしました。

 

1日1分売り込みの不安から解放され

セールスへのストレスをゼロにする

セールス・チアセラピー

 

セールス・チアセラピストの宮腰育幸です。

 

「すべての感情と同じように、

<羨望(せんぼう、うらやましさ)>の

気持ちがわきあがってきたら、

『自分は羨望にとらわれている』と

素直に認めたほうがいい。

・・・

 

誰かの才能や成功、幸運に対して、

『人は人、自分は自分』と

無関心になることをお勧めする」。

 

(クリストフ・アンドレ、高野訳

『自己評価メソッド』紀伊国屋書店、

2008年、242ページ)

 

とはいっても・・・

自然に湧き上がってくる感情に

対して、

「人は人、自分は自分」と

頭で割り切るのも難しいものです。

 

人に対して無関心になる、

というより、

「自分に関心を持つ」と考えた方が、

わかりやすいかもしれません。

 

また、「成功している◯◯さんがなくて、

自分が持っているもの」

なんていうことを考えるのも難しいでしょう。

 

どんなに小さなことでも大丈夫、

自分が持っているものを素晴らしいと

感じるものを一つ一つ認めてあげて

さしあげてください。

 

自分の恵に気づいたとき、

うらやましさも薄らいでいくことでしょう。

 

ご自分一人では難しいようでしたら、

ご一緒させていただきます。

 

無料個別セッションの詳細はコチラから!

 

ご質問等はお気軽に!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容