仮にあなたがインディゴ・チルドレン

だとしたら、

 

周りに受け入れられず、

仕事もうまくいかず、

「自分には(生きている)価値がない」

なんて思って悩むようなことは

ないでしょうか?

 

 

私もそんな感覚に長い間

悩んできました。

 

次第にセラピーもヒーリングも

効かなくなってきます。

 

そんな私が一番効き目があったのは、

仏教の「般若心経」に出てくるつぎの

ことばです。

遠離一切顚倒夢想

(おんりいっさいてんどうむそう)

 

「死にたいと思ったら、

・・・

一度水に飛び込んでみれば

いいと思いますよ。

 

すぐにわかるはずでしょ。

 

死にたい『私』に関係なく、

『からだ』は藻掻くでしょ。

 

『死にたい』なんて思っていたのは

『私』だけだった、

 

脳細胞の一部だけで、

ほかの細胞はみんな

生きたがっていたって、

すぐに判明してしまいますよ」。

(玄侑宗久『現代語訳

般若心経』ちくま新書、2006年、

159〜160ページ)。

 

 

人間は考える力を発達させた分、

本来の感覚からズレる傾向が強い

です。

 

その結果、本来のあり方と離れて

ひっくり返しになると、

非常にツラいことになるわけです。

 

ある意味人間らしいともいえるでしょう。

 

そして周囲から理解されないで苦しむ

インディゴ・チルドレンにとっては、

余計につらくなって、

死にたくなるときもでてきやすい

のかもしれません。

 

そう考えると・・・

苦しいかもしれませんが、

あなただけが異常というわけでは

ありません。

 

無理して解決しようなんて

思わなくて大丈夫です。

 

ただただ

「がんばっているね」

 

一生懸命生きているご自分を

受け止めて差し上げてください。

もう一度お伝えします。

 

遠離一切顚倒夢想

(おんりいっさいてんどうむそう)

 

このことばがあなたを救うかどうかは

私にはわかりません。

 

そして、死にたくなるほど

つらくなったら・・・

「死にたい」と思っているのは細胞の

ごく一部だけであって、

ほとんどの細胞は生きたがっている、

ということも思い出してください。

 

ご感想・メッセージ等ございましたら、

お気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容