おはようございます。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

だとしたら、なおさらのこと、

 

周りから受け入れられずに

苦しんでいらっしゃるのでは

ないでしょうか。

 

「どうせ私なんてひとりぼっち・・・」

「私なんてダメだ・・・」

 

そんな風に思ったとき、

思い出していただきたいことばを

ご紹介します。

 

「全人類から、満場一致の賞賛を

受けられるような完全無欠の人間は、

いつの時代にもありません。

 

同じように全人類から、

満場一致で非難を受けるような

欠陥性格で満タンになっている人間も、

いつの時代にも存在しません。

 

現象だけで一喜一憂すると

感情は疲れてしまします。

 

この道理がわかると、私たちの心は、

賞められたからといって

財産が増えたように有頂天になるのも、

 

悪くいわれたからといって

損をしたように思うのもつまらぬことです」。

(松原泰道『般若心経入門』祥伝社新書、

2009年、193ページ)

 

私もインディゴ・チルドレンです。

 

私も子どものころは、

ほぼほぼ受け入れられず、

苦しみました。

 

一定程度、

人から受け入れられるようになったのは、

大学に入ってからです。

 

だからこそ苦しいときこそ

思い出して欲しいのです。

 

満場一致であなたは非難される

ことはなく、

必ずあなたの味方になってくれる

人がいる、

ということ。

 

人付き合いなんて苦手でもいいし、

ひとりでもいいんです。

 

だからといって、

あなたは孤独でも孤立している

わけでもなく、

 

必ず温かく手をさしのべてくれる

人がいることを思い出してください。

 

ご質問・ご感想等メッセージは

お気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容