おはようございます。

 

仮にもしあなたが

インディゴ・チルドレンだとしたら・・・

 

周囲の方々との違いを感じつつ、

ご自身が発達障害ではないか、

と疑っていらっしゃるようなことは

ないでしょうか?

 

実は私も・・・

いまはまったく気にしていませんが、

2年間発達障害ではないか、

と悩んだこともあります。

意外に思われるかもしれませんが・・・

 

あなたが発達障害であろうが、

インディゴ・チルドレンだろうが、

HSP(Higyly Sensitive Person、

非常に感受性が強く敏感な人)

であろうが・・・

 

どうでもいい話です。

 

大事なことは・・・

どういう捉え方をすると、

あなたが楽に活き活きと

生きられるか、ということです。

 

 

なかなか自分の特色や生き方を

自分で理解するのは難しいので、

ときには人の特徴について学びつつ、

自分を理解していくことが大切なのでは

ないでしょうか?

 

自分にレッテルを貼って可能性を

閉じるより・・・

 

学びのなかで、

自分らしく生きることを大切にしたい

ものではないでしょうか?

 

明日は私がどうやって発達障害を

気にしなくなったのか、

お伝えします。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容