おはようございます。

 

同じことをいっても、

人によって受け取り方が違うので、

自分がいったことをどう受け取るかは、

相手が決めることであり、

 

受け入れられなくても、

自分が「ダメ」ではないことを

昨日はお伝えしました。

 

今日は一歩進めて・・・

あなたの言動が気に入らないから

といって、

 

あなたを「KY」と決めつけたり、

「人に気を遣え」と命令するとしたら、

誰の問題なのでしょうか?

 

あなたの問題でしょうか、

相手の問題でしょうか?

 

その前に・・・

ちなみに、私だったら、

あなたの言動が気に入らなくても、

あなたに「KY」だの「人に気を遣え」

なんということはいいません。

 

 

そうです、

人によって受け取り方も

反応の仕方も違うのですから、

あなたの問題ではなく、

受け取り手である相手の問題です。

 

一見「KY」だの「人に気を遣え」だの、

あなたを非難しているようにみえても、

 

真意は、

「私を大切にして欲しい」

です。

 

「私を大切にして・・・」

と自分に自信をもっていえない分、

(自分の気持ちを大切にできていないため)

「客観的」にあなたが「ダメ」である

ようないい方をしているだけです。

 

私もこれに気づくまで、

40年かかりました。

 

あなたが悪いわけでも、

ダメなわけでもないんです。

あなたはいわれてくないことを

いわれているだけです。

 

だからこそ・・・

「それって、誰の問題?」

といつも意識して、

余計な思い込みを強めて

自分を責めないようにしていきたい

ものではないでしょうか。

 

これまでだって、

がんばってきたのだから・・・

ご自分を大切にしていただきたいな、

って思います。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容