おはようございます。

 

負け癖から抜け出したくても

抜け出せない・・・

そんなとき振り返って

いただきたいのは、

 

そもそもあなたが「勝ち癖」

をつけたいのか、

 

人生の成功者になりたいと

思っているか、ということです。

 

ちょっと話を変えます。

親は子どもの成長や成功を願って

いたとしても、

 

自分が抜かれることに対して、

心のどこかで嫌がっている可能性が

あります。

 

たとえば・・・

卓球やゲームで子どもが勝ったとき、

親が「スゴイね」とことばで声をかけた

としても、

 

表情や声の感じで、

さみしさや、うらやましさが

あらわれているとしたら・・・

 

子どもは

「自分は成功しない方が愛される」

と心のどこかで思い込むかもしません。

 

ましてあなたがインディゴ・チルドレン

だとしたら・・・

 

ご両親から自分の成功を心から

喜んでもらえている感覚が

薄いかもしれません。

 

だとしたら・・・

自分の成功を心から願えるのは、

あなただけではないでしょうか。

 

「たとえ誰が何をいおうが、

どう思おうが、

私には成功する価値がある」

 

心から思いたいものですね。

 

ご質問・ご感想等メッセージはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容