おはようございます。

 

私の場合、自責・自罰感が強く、

「ダメな自分」を演じてきました。

いまではゼロではないにしても、

だいぶ弱まっています。

 

あなたの場合、自責・自罰も含めて、

何か不快な感情が強くて悩むことは

ないでしょうか?

 

そのヒント満載なのが、

2014年に大ヒットしたディズニー映画、

「アナと雪の女王」です。

ポイントは・・・

 

姉のエルサは罪悪感と孤独感を軸に

人生をつくっていることです。

一見すると、

妹のアナに迷惑をかけたから

罪悪感や孤独感を感じるように

思えるかもしれませんが、

実際はまったく逆で、

罪悪感や孤独感を感じるために、

アナに迷惑をかけるようなことを

するのです。

したがって、久しく罪悪感や孤独感を

感じないといてもたってもいられないので、

問題を繰り返し起こすのです。

 

だとしたら・・・

意識して注意するのではなく・・・

 

本物の感情に気づいて

不快な感情を消化することが大切

になるわけです。

 

では、「本物の感情って?」

自責・自罰、罪悪感は怒りでしょうし、

孤独感は悲しみや怖れでしょう。

 

今日はそれは置いておいて、

もっと大切なことは、

「アナと雪の女王」で描かれて

いるように、

真実の愛」、

そうです、「」です。

 

愛情に気づいたときに、

問題は解決していくのです。

 

まずは、心のなかに眠る

深い愛情に気づくことから、

はじめたらいかがでしょうか。

 

ご質問・ご感想等メッセージはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容