おはようございます。

 

「お金がほしいな」

「収入増やしたいな」

なんて思ったら・・・

 

まず見直していただきたいことが

あります。

 

がんばって、いい仕事をして、

人を喜ばせようとする前に、

自分は何にもしなくても、

自分がほしいだけのお金、

というより『豊かさ』を受け取る

価値があるのだと思って

(知って)ください。

 

そう思えたとき、

初めてお金は手元に

流れ込んできます。

 

それがわかると、

いくら使っても、

いくら与えても、

怖くありません。

 

使えば使うほど、

より豊かな気持ちになります。

 

だって、どうせ自分には

価値があるんだから。

どうせ自分は愛されて

いるんだから。

どうせ自分は認められて

いるんだから。

 

すると、

お金は気持ちよく回り始めます。

 

自分で自分の価値を信じられたとき、

自分は何もしなくても

与えてもらえる人間なんだ、

すでに与えている人間なんだと

信じられたとき、

あなたは豊かさに包まれて

いきます。

 

『歩合給』ではなく『存在給』を

上げれば上げるほど、

あなたは豊かになります」。

(心屋仁之助

『一生お金に困らない生き方』

PHP研究所、2015年、54〜55ページ)

 

ここで心屋さんがいう「存在給」とは、

「自分の価値」、

生きているだけでもらえる

お金のことです。

 

「存在給」が低ければ、

がんばって働いて

「歩合給」を上げようとするのです。

 

ここで大事なことは・・・

心屋さんがいうように、

歩合給=がんばって稼ぐより、

存在給=自分の価値を認める

ことです。

 

あなたが仮にインディゴ・チルドレン

だとしたら・・・

子どものころからかなりダメ出しを

されてこられたのではないでしょうか。

 

その結果、「存在給」が低くなっている

のかもしれません。

 

お金の面で豊かになるためにも、

ご自分に以下のように

いってさしあげてください。

 

「どうせ自分には価値がある。

何もしないでも価値がある。

がんばって歩合給を上げなくてもいいんだ」

(61ページ)

 

「あなたは愛されているんだよ。

過去も、今も、これからも、ずっと」

(77ページ)

 

ご質問・ご感想等、

メッセージはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容