おはようございます。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

だとしたら・・・

 

周囲の人とうまくいかず、

 

KY(空気が読めない)

人の気持ちがわからない、

気を遣え、

 

などといわれて、

つらい思いをし、

 

できない自分を責めてしまった

ことはないでしょうか。

 

 

「認知療法」という心理療法の

考え方の一つに、

「読心術」

という考え方があります。

 

「他人は自分の心を読み、

自分は他人の心を読まなければ

ならない、という思い込み」

のことです。

 

そう、

思い込みなんです。

 

人の気持ちなんて、

読むことはできないんです。

 

そんなわけで・・・

あなたが人の気持ちを読むことは

できないんです。

(もちろん私も)

 

あなたに「人の気持ちが読めないと

批判的なことをいうのは、

あなたの問題ではなく、

あなたに無理難題を要求していくる

人の問題なのです。

 

そうとも知らずに・・・

これまで人の気持ちがわかならい、

と自分を責めたり、

できない自分を「ダメだ」と

思ったりしてこなかったでしょうか。

 

本当につらかったですね。

 

あなたがいったことに対して

他人がどう受け取るかは、

相手次第です。

 

相手が不機嫌になったら、

不機嫌な状態に対処できる、

と思えるようになることで、

自信につながることになるでしょう。

 

ご質問・ご感想等メッセージは

お気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容