おはようございます。

 

昨日は人の気持ちを読むことは

できないことについて

お伝えしました。

 

あなたが人の心が読めないからと

いって、

自分を責める必要も、

ダメだと思う必要もないことを

お伝えしてきました。

 

もう一度、「読心術」のおさらいです。

 

「他人は自分の心を読み、

自分は他人の心を読まなければ

ならない、という思い込み」

 

つまり・・・

あなたが他人の心を読むことが

できないのと同様、

 

他人もまたあなたの心を読む

ことができないことになります。

 

そんなわけで・・・

もしあなたに人間関係で傷つき、

ボロボロになった経験があると

すれば・・・

 

自分の心が読まれているのでは

ないかと、

内心ビクビクしているようなことは

ないでしょうか。

 

他人はあなたの心を読もうとするし、

推測もするでしょうが、

あなたの心を読むことはできません。

 

他人が推測のもとに

とやかくあなたにいったとしても、

他人の問題であって、

あなたの問題ではありません。

 

他人がどういおうが・・・

あなたらしく振舞うことが

あなたが輝く上でとても大切な

ことになるでしょう。

 

ご質問・ご感想等メッセージは

お気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容