おはようございます。

 

昨日は8歳の少女ヴァージニアの

「サンタクロースはいるの?」の

疑問について応えた

論説記事

 

「もちろん、ヴァージニア、

サンタクロースは本当にいるよ」

Yes, Virginia, there is a Santa Claus

の一部をご紹介しました。

 

サンタクロースの話を別にして、

あなたの気持ちが理解されずに、

苦しい思いをされてこられたのでは

ないでしょうか?

 

クリスマスの今日は続きのお話です。

 

「赤ちゃんのガラガラをずたずたに

引き裂いて、

その中の音の正体を確かめることは

できる。

 

でも、

この世界を包む薄いベールを引き裂いて、

目に見えない『本当』を知ることは、

大の大人にも、

大の大人が100万人集まっても、

絶対に無理なことなんだ。

 

ただ、信じることや、夢みること、

愛や、詩や、お話だけが、

その薄いカーテンを引いて、

言葉を失うような美しい世界の真実を、

僕たちに見せてくれる。

 

それは本当かって?

 

いいかい、ヴァージニア。

もちろん本当さ。

 

そして、世界中どこを探したって、

他のところに『本当』なんてないんだよ」。

 

もしかしたら・・・

あなたの周囲の人たちは、

「わかったふり」をして、

あなたのことを正しいの、

間違っているのといって、

判断してきたのかもしれません。

 

そして、本当のところは・・・

知ったつもりになっているだけで、

わからないのです。

 

「サンタクロースがいない。

何てことを言うんだ!

 

彼は今も生きてるし、

これからもずっと生きている。

 

1000年経っても、

いや、1000年の1000倍経っても、

サンタクロースは子供たちの心に、

喜びを配り続けるんだよ」。

 

あなたの心にサンタクロースが

いるかどうかは、

私にはわかりません。

 

そして、サンタクロースに限らず、

あなたがYESと、ただ思うだけで、

それがあなたの真実であり、

世界の真実になるのです。

 

ご質問・ご感想等メッセージは

お気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容