おはようございます。

 

昨日は

ドリーン・バーチュー、

チャールズ・バーチュー、宇佐和通訳

『インディゴ・レッスン

真実を見きわめ想いを貫く力』

(JMA・アソシエイツ、2017年)

より、

 

あなたがインディゴ・チルドレン

であるとすれば、

 

使命に気づいていくことの

大切さについてお伝えしました。

 

今日は同書に記されている

使命の見つけ方について

お伝えしていきます。

 

「両目を閉じ、

息を深く吸い込んでください。

 

心と体を落ち着けましょう。

 

吐く息に乗せて、

ストレスや緊張感、

脳裏を巡る思いを

すべて解き放ちましょう。

 

自分がいまいる世界、

森羅万象、

そこに宿るすべてのエネルギーに

意識を向けましょう。

 

自分は聖なる役目、

達成すべき聖なる目的を担いながら

存在している。

 

その事実について考えてみましょう。

 

そして、自分を取り巻く森羅万象の

エネルギーに尋ねるのです。

 

自分は、どのように世界を助ける

ことができるのか?

 

どうやったら役に立つことが

できるのか?

 

直感を信じ、

脳裏に思い浮かべたことを

文字にしてみてください。

 

どんなに突飛なことでも、

馬鹿げて思えることでも

かまいません。

 

最初に見えたもの、

聞こえたこと、

感じたことを文字にしましょう。

 

制限せずに、

導かれるまま文字にしてください」。

(31ページ)

 

私も人生の目的やら使命について

考えて「これだ!」と思えることばに

であるまで、3年くらいかかりました。

 

あなたも時間がかかるかもしれないし、

みえてこない自分に苛立ちを感じる

こともあるかもしれません。

 

それでも・・・みえてきたときは、

これまでの人生の歩みを認め、

大きな自信につながることでしょう。

 

輝く未来に向けて、

いま小さな一歩を踏み出す

あなたを応援しています!

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容