おはようございます。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

だとして・・・

「自分なんていない方がいい」

「生まれてこない方がよかった」

・・・

 

そんな苦しい思いをされたような

ことはなかったでしょうか?

 

「『なぜインディゴが存在するのか?』

という質問に対する答えが

あるとすれば、

 

それはすべての人間が真実を

目の当たりにするのを助ける

ためである、

ということになるでしょう。

 

インディゴエネルギーについて

考えてみてください。

 

魂のレベルで交わされた

契約に基づく使命によって、

僕たちが望む変化をもたらすのが

インディゴエネルギーなのです」。

(ドリーン・バーチュー、

チャールズ・バーチュー、

宇佐和通訳『インディゴ・レッスン』

JMA・アソシエイツ、2017年、

169ページ)

 

そう、

あなたがいなければ、

あなたの周りの方が真実に

気づくようなことは

ないかもしれません。

 

なぜインディゴ・チルドレンが、

いや、なぜあなたが存在するのか。

 

すべての人が真実に気づくのを

助けるため、といえるでしょう。

 

世界に真実を広めていくことが、

私やあなたが魂のレベルでの

使命であり、

本当の生き方といえるのでは

ないでしょうか?

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容