おはようございます。

 

いま、あなたが自分の使命に

気づこうとしたら・・・

 

何を大切にすることが

必要なのでしょうか。

 

 

 

「重要なのは、

妨害が目的を持っているか

どうかではない。

 

目的があるのではという視点を

もって見つめ、

 

予期せぬことに価値を

見いだそうとすることだ。

 

目的を探す視点は、

その出来事は本当に偶然に

起こることもあると見なすことから

始まる。

 

世界は知恵ばかりではなく

愚行によって、

秩序ばかりではなく混沌によっても

回っている。

 

目的を求める目は、

『偶然の事故(アクシデント)』を

ただ事故と見るのではない。

 

魂は、その事故をかたちの内に

合わせていこうとするのだ」。

 

(ジェイムズ・ヒルマン、

鏡リュウジ訳『魂のコード』

河出書房新社、1998年、

263ページ)

 

ちょっと難しいかもしれませんが、

平たくいうと、

 

人生には予期しないこと、

つらいこと、

避けたいこと・・・

さまざま起こります。

 

身近な人の死、失業、借金、

虐待・暴力・・・

 

 

これらはすべて、

自分の使命に気づき、

自分らしく生きるために

すべて必要だ、ということです。

 

「これらの不運な出来事が

特定の道に人を無理やり進ませ、

後のキャリアを決定した

というのでもない。

 

むしろ、それらの

『必然的な偶然(アクシデント)』

だったというのだ。

 

それは必然でもあり偶然でもあった。

 

それは魂の召命が全面に出てくる

ためのもの、・・・

その人生を形作る方法だった」。

(267ページ)

 

あなたが自分の人生を生きようと

すればするほど・・・

これからもつらいことに直面

するかもしれません。

 

そんなとき・・・

「なんで自分ばかり・・・」

「どうせ自分なんて・・・」と

嘆くより、

 

「いま新しい段階に入ろうとしている」

と前向きにとらえることができれば、

 

試練を乗り越え、

明るい未来に向かって、

一歩進むことができるのでは

ないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容