おはようございます。

 

私もですが・・・

仮にあなたもインディゴ・チルドレン

であるとして・・・

 

まず押さえておきたいのは、

インディゴ・チルドレンには

ある意味2つの特色がある、

 

ということです。

 

「私はごまかしがきかずに、

瞬時に人の嘘を見ぬいてしまう

子どもたちを

『嘘発見器の子どもたち』、

 

そして自分自身をはっきりともち、

繊細で、

独特の感性に恵まれているけれど、

 

一生懸命になればなるほど

自分も周囲も傷つけてしまうような

ガラスの心をもつ子どもたちを

『ガラス細工の子どもたち』

と呼んでいます。

 

アメリカの超心理学や精神世界に

精通する一部の人たちからは、

『インディゴ・チルドレン』と

いわれている子どもたちのことです」。

(南山みどり著、池川明監修

『新・宇宙チルドレン』

ビジネス社、2017年、24ページ)

 

私が著者の南山さんに初めて

お会いしたとき、

即「嘘発見器」といわれたことは

よく覚えています。

 

そう、私は「嘘発見器」の方です。

 

あなたはどちらの傾向が高そうですか?

 

自分を受け入れ、自信をもつためにも、

自分の傾向をしっておくことは

大切でしょう。

 

いずれにしても、

「嘘発見器」でも「ガラス細工」でも・・・

周りの人たちから理解されず、

嫌がられて、

これまでツライ苦しい思いをされて

こられたのではないでしょうか。

 

ツライながらもよくがんばって

こられましたね。

 

生まれながらにしてもっている、

自分らしさに気づくだけでも、

気持ちが楽になるのでは

ないでしょうか。

 

そして、これからは・・・

自分らしさを大切に、

幸せを築いていきたい

ものですね。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容