おはようございます。

 

東日本の大震災から今日で7年。

 

なぜ、あの震災、ならびに大津波、

そして原発事故は起こったので

しょうか。

 

 

「私が思うに、人は誰でも、

心のどこかで理解している。

 

いわゆる『災害』や『愛のない人々』は、

私たちの意識が創造したものだ。

 

自分たちで築いた壁を破るために、

そういう存在が必要なのだ。

 

・・・愛というエネルギーの力は、

いつでもそこにある。

 

静かに脈打ちながら、

姿を見せる機会を待っている。

 

しかし悲しいことに、

洪水のような悲劇が

きっかけにならないと、

 

私たちはなかなか

愛の存在に気づくことができない」。

 

(パム・グラウト、桜田訳

『こうして、思考は現実になる2』

サンマーク出版、2015年、163ページ)

 

あの震災のときにも、

「絆」ということばがキーワードに

なりました。

 

それだけ、私たちは愛に気づこう、

としていたのではないでしょうか。

 

私もですが、

仮にあなたもインディゴ・チルドレン

であるとすると・・・

 

この世界に愛と光を取り戻すために、

この世界に生まれてきたと

いえるかもしません。

 

そう、

あなたが本来の愛に目覚め、

生き生きと使命を果たして幸せに

なることが、

 

最大の防災対策になると

いえるのではないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容