おはようございます。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

であるとすれば・・・

 

この世の中、

理不尽なことがたくさんあると

感じることが多いのでは

ないでしょうか。

 

同時に、

そんな社会に溶け込めない自分を

「社会不適合者」として

「ダメだ」と思い込んだら、

さぞかしつらいのではないでしょうか。

 

「公正なこと、

公平なことを常に望む姿勢によって、

自分が究極の社会不適合者に

思えるときがあるかもしれません」。

 

(ドリーン・バーチュー、

チャールズ・バーチュー、

宇佐和通訳

『インディゴ・レッスン

真実を見きわめ想いを貫く力』

JMA・アソシエイツ、2017年、

261ページ)

 

私もインディゴ・チルドレンですが・・・

昔もいまも、「社会不適合者」だと

思っています。

 

そう、「社会不適合者」でいいんです!

 

苦しいことが多かった分、

「真実の道」を歩めているのですから。

 

「今の生き方こそが進むべき道です。

 

自分が常に敏感であるという事実を

受け容れ、

これを尊重することを学べば、

すばらしい人生になるでしょう。

 

いかなる状況においても、

常に真実だけを知ることになります」。

(261ページ)

 

つらくても、苦しくても・・・

あなただけの真実の人生が

待っています!

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容