おはようございます。

 

昨日は自分を信頼することの

大切さについてお伝えしました。

 

子どものころから「ダメ出し」を

されることが多ければ

自分を信頼するのも難しい

かもしれません。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

であるとすれば

なおさらのこと・・・

 

どうすると自分を信頼することが

できるでしょうか。

今日からいくつかその方法を

ご紹介します。

 

ここで一つ質問です。

 

あなたの長所なんて、聞きません。

 

あなたの短所、「ダメ」なところは

何しょうか。

 

きっとたくさん思いつくのでは

ないでしょうか。

 

もちろん私だってたくさんあります。

 

誤字脱字に気づかない、

人の気持ちに鈍感、

フリーズしやすい・・・

 

ここで大切なことは、

それって「ダメなところ」があっても、

人間としてダメなのか、

ということです。

 

「『自分の劣った点を認める』

ということがすなわち

『自分が劣った人間だと認める』

ことではないことだ」。

 

(クリストフ・アンドレ、高野訳

『自己評価メソッド』

紀伊国屋書店、2008年、77ページ)

 

あなたにもダメなところは

たくさんあるでしょう。

 

だからといって、

人間としてダメなのかどうか、

よくご自分に聞いてみてください。

 

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容