おはようございます。

 

あなたは、

「間違っている」と思うことに対して、

「何とか正そう」とすることは

ないでしょうか。

 

 

あなたがインディゴ・チルドレン

であればなおさらのこと。

 

そして、

何もできないと思う自分に対して、

無力な自分を感じるようなことは

ないでしょうか。

 

 

「インディゴは、

間違っていると感じるものを

無視できません。

 

インディゴであるあなたは、

問題を無視できない性質が苛立ちを

生むことを知っておくべきです。

 

変化を生み出すときは、

自ずとわかります。

 

・・・

 

今の肉体に宿るとき、

魂が体験しようと決めたことだからです。

 

自分が変化を起こすときが訪れれば、

必ずその場にいることになります」。

 

(ドリーン・バーチュー、

チャールズ・バーチュー、

宇佐和通訳

『インディゴ・レッスン

真実を見きわめ想いを貫く力』

JMA・アソシエイツ、2017年、

259~60ページ)

 

 

そうです、

問題を無視できないのは

あなたの特徴であることを

知っておけば・・・

 

少しは気持ちも和らいでいく

のではないでしょうか。

 

そして・・・

やがて・・・

変化を生み出すときがくる、

ということなのです。

 

 

そのときが来るまで、

自分を信じて待って

さしあげてっください。

 

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容