おはようございます。

 

「自分は何のために

生まれてきたんだろう?」

「自分はどうしたいんだろう?」

 

と悩んで、

「○○でもない」「△△でもない」と

答えがでないのも苦しいですね。

 

そんなとき・・・

 

ヒントになりそうな、

超有名カウンセラーのことばを

ご紹介します。

 

「(河合)そういう完全に

引きこもってる人に僕らがどうしてるか

言うたら、

ただ会ってるんですね。

 

それで『あれも仕方ない』と言うたら

『うん、うん』、

『これも仕方ない』と言うたら

『うん、うん』と言うてるわけです。

 

そう言うとる人が『何か絵描いたろかなあ』

とかなると、もういいんですね。

 

『絵描くのだけは仕方あるんだ』と、

僕らはその線でいくんですよ。

 

だから、その人としてはそこに何かを

肯定する道があるんですね。

 

そこで彼らの『否定』を

僕らが『否定』したり、

『肯定』を説いたりはしません。

 

ただずうっと、

生まれるのを待っているわけです」。

 

(河合隼雄×中沢新一『仏教が好き!』

朝日新聞社、2003年、168ページ)

 

ここでの大切なポイントは2つ。

 

「否定」の先には「肯定」があること、

そして

「肯定」が生まれるのを待つこと。

 

「これだ!」と生まれてくるのを

待つのも

つらいかもしれません。

 

そして、待ってあげられるのも

あなたです。

 

ぜひ、自分を信じて待って

さしあげてください。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容