おはようございます。

 

「自分は何のために

生まれてきたんだろう」

 

「自分の使命は何だろう」

 

・・・

 

そんな疑問に答えやすく

するために、

 

ここ数日アドラーの考え方を

ちょっぴり批判的にご紹介

していますが、

 

今日はその最終回です。

 

「貢献が人生の真の意味

である、

 

と推定できるヒントが他にも

ある。

 

今日われわれのまわりに

われわれが祖先から

受け取った遺産を見れば、

われわれは何を見るだろうか。

 

・・・

 

人間の生活に貢献したものだけ

である。

 

耕された大地、道、建物を

われわれは見る。

 

祖先の人生経験の果実は、

伝統、哲学、芸術、

 

そして、

われわれ人間の状況に取り組む

ための技術の中に、

われわれに伝えられている。

 

これらのものはすべて

人間の幸福に貢献した人から

われわれに受け継がれた

ものである」。

 

(アルフレッド・アドラー、

岸見訳

『人生の意味の心理学(上)』

アルテ、2010年、17ページ)

 

これまでつくられ、

今に引き継がれているものが、

本当に私たちの幸せに貢献

しているのかはわかりません。

 

(とくに軍事技術など)

 

また、21世紀、人類だけでなく、

地球・宇宙全体の幸せを考える

ことも大切になってきています。

 

あなたがもし

インディゴ・チルドレンとして

生まれてきたのだとしたら・・・

 

何が本当に大切なのか、

生まれながらにして、

どこかでわかっていらっしゃる

のではないでしょうか。

 

自分を信じて、

一歩一歩進んでいきたいものでは

ないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容