おはようございます。

 

今日はちょっぴり悲しいことを

お伝えするかもしれません。

 

なぜなら・・・

 

あなたがやろうとしていることや

素晴らしさは、

 

あなたが生きているうちには

認められないかもしれない

からです。

 

「みなさんは、

変化を起こしつつあります。

 

世界が何千年もの間

求め続けてきた変化を通じて、

 

大きなうねりを起こそうと

しています。

 

200年先の時代を生きる人々が

今の時代を振り返るとき、

 

自分の思いに反する社会に

対して反旗を翻した勇気ある人々が

多くいた事実を認めるでしょう。

 

何も言わずに従い、

騒ぎを起こさず、

ひたすら目立たないように

しながら、

 

”普通”のこと以外は

何もしようとしない人ばかり

求める社会に反意を示す

人々がいた事実は、

 

必ず認められます」。

 

(ドリーン・バーチュー、

チャールズ・バーチュー、

宇佐和通訳

『インディゴ・レッスン

真実を見きわめ想いを貫く力』

JMA・アソシエイツ、2017年、

279~280ページ)

 

私もインディゴ・チルドレン

ですが・・・

 

私たちがやろうとしているのを

認めてくれるのは、

同じ時代を生きる人ではなく、

未来の人たちかもしれません。

 

悲しいことかもしれませんが、

認めざるをえないことでも

あります。

 

それだけに・・・

 

今は認めてくれなくても、

信じる道を進むことが、

 

あなたらしい人生を開き、

そして未来につながっていく

のではないでしょうか。

 

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容