おはようございます。

 

ここ数日、

あなたが使命に気づきやすく

なるように、

アドラーの考え方をやや批判的に

ご紹介しています。

 

「われわれは誰も人類のただ

一人の成員ではないということ

である。

 

われわれのまわりには

他者がいる。

 

そしてわれわれは他者と

結びついて生きている」。

 

(アルフレッド・アドラー、

岸見訳

『人生の意味の心理学(上)』

アルテ、2010年、11ページ)

 

だからこそ・・・

 

「自分自身の幸福と

人類の幸福のために

もっとも貢献するのは

共同体感覚である」。

 

(12ページ)

 

共同体感覚・・・

共同体に貢献している、

という感覚は、

 

人生の意味において

大切といえるでしょう。

 

仮にあなたが1970年代以降に

生まれたインディゴ・チルドレン

であるとすれば、

 

共同体感覚は、

人類への貢献だけではなく、

全地球・宇宙への貢献と

読みかえることが

できるのではないでしょうか。

 

人の声だけではなく、

宇宙の声も聴いていきたいもの

ではないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容