おはようございます。

 

あなたは

「自分の使命って何だろう」

「自分は何のために生まれて

きたんだろう」

・・・

 

これからの生き方について

迷っていらっしゃるようなことは

ないでしょうか。

 

そんなとき気をつけたいのが、

「自分は何をやりたいんだろう」と、

「自己実現」を考え出すと、

泥沼に入っていくことです。

 

「仏教の考えでは、

自己というものは実在していません。

 

それは無限の広がりをもつ出来事の

連鎖(縁起)のささやかな結節点に、

束の間のあいだ生じてくる『結び目』

のようなものにほかなりません。

 

それは、結んではほぐれ、

ほぐれては結ぶ、

際限もない過程の中にできた

束の間の『結び目』にすぎないのですが、

 

私たちはそれを永続する実在と錯覚して、

そこからさまざまな錯覚や幻想を

紡ぎ出すことになります。

 

自己というものが実在しないのなら、

とうぜん他者や対象というものも

実在しません。

 

すべては広大な縁起の作用のうちに

発生する泡の効果にほかなりません。

 

それなのに、自己は実在すると錯覚して、

それに執着する人間は、

また自己の外にあるものを欲望の対象

として執着します」。

 

(中沢新一『対称性人類学』

講談社選書、2004年、165ページ)

 

 

そう、自己なんてないんだと

したら・・・

 

自分のやりたいことをみつけよう

としたり、

何かにこだわって苦しくなるだけ

です。

 

すべては広大な宇宙のご縁だと

したら・・・

 

 

宇宙が自分に期待していること、

宇宙が自分を通して表現したいことに

気づいていくことが

大切といえるのではないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容