おはようございます。

 

ここ数日、

「大人になりきれていないこと」

についてお伝えしています。

 

私もですが・・・

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

であれば、

 

そんな悩みに苦しんで

いらっしゃるようなことは

ないでしょうか。

 

「『完全主義』や『理想主義』は

人格の未熟さの現れです。

 

例えば、テストで98点取っても、

『もう嫌だ』と言ってテストを

ビリビリ破る子どもがいます。

 

『自分はパーフェクトでないとダメだ。

そんな自分は認められない』

というわけです。

 

これと同じように

『心が未熟(子ども)な中高年』も

ピカピカの『完全主義』に

陥りやすいのです」。

 

(諸富祥彦

『「本当の自分」になるための心理学』

集英社新書、2017年、43ページ)

 

なぜ完全主義が未熟さの現れかと

いうと、

 

お母さんの子宮のなかで感じる

安心感や万能感から卒業

できていないからです。

 

この「子宮のなかの万能感」

から卒業できないばかりに、

完全でない自分や他人を

責め続けていたら・・・

 

苦しくてたまらなくなりますね。

 

「完全でなくてもいいよ、

そのまんまでいいよ」

 

不完全なご自分をゆるして

さしあげてください。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容