おはようございます。

 

人生が変わろうとするとき・・・

 

あまり体験したくないことが

起こることについて、

お伝えしています。

 

そして、そんなとき・・・

決まって現れるような人が

必ずいます。

 

「召命を辞退しなかった者たちが

英雄として征旅におもむき

最初に遭遇するのは、

 

庇護者(しばしば矮小な老婆、老人)の

身なりをしてあらわれる者である」。

(ジョセフ・キャンベル、

平田・浅輪監訳『千の顔をもつ英雄 上』

人文書院、88ページ)

 

あなたも心当たりがあるのでは

ないでしょうか。

 

 

人生が変わろうとするとき、

一緒にいてくれた人がいたことを・・・

 

 

そう、そんな「メンター」といわれる人は

あまり目立たないかもしれませんが、

必ずいるものです。

 

あなたはひとりぼっちでは

ありません。

 

だからこそ・・・

思いきって、

自分の人生にめがけて、

チャレンジしてください!

 

期待しています。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容