おはようございます。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

であるとすれば・・・

 

自分の使命、進むべき道が何か、

知りたいところではないでしょうか。

 

「現代は本質的に分別のある時代で、

おそらくは過去のいかなる世代

にもまして

 

一般的知識水準の高い時代であるが、

しかし情熱のない時代である。

 

だれもが、多くのことを知っている。

 

どの道を歩むべきかということも、

歩むにはどれだけの数の道が

あるかということも、

 

われわれはみな知っている。

 

しかし、だれひとりとして

実際に歩もうとする者はいない」。

 

(キルケゴール、飯島宗享訳

「現代の批判」

『キルケゴール選集11』白水社、1995年、

252〜253ページ)

 

そう、あなたはもともと歩む道を

知っているのです。

ただ・・・

 

「もしだれかついに自分の心中の反省に

うちかって行動をおこすことに

なった者があれば、

 

その瞬間に、

外部からの幾千の反省が

彼に対して障壁を築くことになっただろう」。

 

(253ページ)

 

実際にあなたに「無理」「できない」

という人だけではなく、

 

子どものころから、

苦労してこられた分、

 

親や教師のことばを

いまでも持ち続けていらっしゃる

のかもしれません。

 

もはや他人の声は必要ありません。

 

自分の声を、そして宇宙の声を

じっくり聴いていきたいものでは

ないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容