おはようございます。

 

夏目漱石『吾輩は猫である』・・・

 

あなたがインディゴ・チルドレン

であれば、

 

共感が持てる部分が

いろいろたくさんあるのでは

ないでしょうか。

 

以下の文で、

「吾輩猫属」を

「私のようなインディゴ・チルドレン」

と読み替えると、

わかりやすいかもしれません。

 

「然(しか)し人間というものは

到底吾輩猫族の言語を解し得る

位に天の恵みに浴しておらん

動物であるから、

残念ながらそのままにして置いた」。

(新潮文庫、1951年、24ページ)

 

子どものころから

周囲から受け入れられず、

苦しんできたとしたら・・・

 

あなたはどこか別の星からきた

宇宙人のようにご自分を

感じてらしたのかもしれません。

 

あなたが思っていること、

感じていることが

周りの人々に伝われないとしても、

 

仕方がないことであって、

ダメなわけではありません。

 

あなたはあなたのままで

いいんです!

 

そして・・・

 

「これまで苦しいながらも

よく生きてきたね」・・・

 

これまで苦労されてこられた分、

ご自分を受け止めて

さしあげてください。

 

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容